リビングシェル&インナールームS

 前回の記事で書いたように、今年こそは涼しくなったらキャンプに行きたくて次のキャンプを妄想する今日この頃です。

 装備も色々と考えているのですが、前にも書いたように、やっぱりリビングシェルを中心として構成しようと思います。ただ、4年前に修理に出してから一度も設営していないどころかケースから出してもいないので、どんな状態か全く分かりません・・・。
 リビングシェルがきちんと設営できることが前提条件ですが、私は3つのパターを検討しています。まず一つ目のパターンは、リビングシェルの中にインナールームSを設営しようと思っています。父娘キャンプinスノーピーク奥日田の時や、

リビングシェル&インナールームS スノーピーク奥日田

スカイラインで初キャンプin高原の里の時と同じような感じですかね。
リビングシェル&インナールームS オートキャンプ場高原の里

 インナールームの下には何か敷かないと背中が痛くなりそうなので、ロゴスのエアーマットを敷きますかね。フワフワのエアーマットがあれば、ぐっすりと眠ることができそうです。しかも、エアーマットがインナールームSにジャストサイズなんですよね~♪
リビングシェル&インナールームS オートキャンプ場高原の里

 これでリビングシェルの寝室部分になるインナールームSの計画は完了なのですが、問題はリビングになる部分をどう構成するかです。

 一つ目のリビングのパターンは、上記のキャンプの時と同様に前室にはIGTを中心として配置します。基本的に想定人数は2人なので、ユニセラTGをIGTに組み込みますかね~。ヤフオクで買ったユニセラTGをIGTに組み込むキットを使えばIGTとユニセラTGが綺麗に面一になります。って偉そうに言ったけど、私が作った訳ではありませんが・・・。

リビングシェル&インナールームS 焼き鳥

 このIGTを真ん中にして、脇にはチェアーを配置しますが、2人なんで2つだけで良いんですよね~。5人家族のダイキん家からすると、ちょっと寂しく感じますが、人数が減ったのでいっぱいあっても邪魔になるだけですしね~。

 チェアーも2つだけしかないので場所にはかなり余裕があると思います。リビングの片側にはモービルクールを配置します。反対側にはキッチンスタンドとツーバーナーを置きますかね。
 パイルドラーバーは2本立てて、ペトロマックスとコールマン639の出番です。全く使っていないのでちゃんと点くかどうかがかなり心配です。特にペトロマックスは点かない可能性が高そうですね・・・。
 それでもまだ場所的に余裕があると思うので、ユニフレームの折り畳み式のコットを持って行きたいですね。これで昼寝をしたら最高に気持ちいいんですよ~♪
 他に忘れている物はないかな~?
 まあ、もし何か忘れていたとしても、これだけ持って行ってれば何とかなりますね!

リビングスタイル関連記事

 インナールームS&お座敷スタイル

 リビングシェルでお座敷スタイル

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました