ドリンクメイト シリーズ620

 ちょっと手違いがあったため届くのが遅くなっていた炭酸水メーカーですが、 先日やっと届きました。
 炭酸水メーカー選びで投稿したとおり、購入したのは、ドリンクメイトのシリーズ620です。
ドリンクメイト シリーズ620

 

ドリンクメイト シリーズ620の外観

 コーヒーメーカーと並べて設置したのですが、サイズ的にも色合い的にも合ってましたね~♪

ドリンクメイト シリーズ620

 ヤマダ電機で見た同じドリンクメイトのマグナムシリーズよりも一回り小さいサイズなんで、それ程邪魔になりません。

ドリンクメイト シリーズ620の使い方

 実際に何度も作ってみたのですが、かなり簡単に炭酸水を作ることができますね。

 まずは付属品の専用のボトルの850mlのラインまで冷やした水を入れます。

ドリンクメイト シリーズ620

 次はこの専用ボトルの頭ににインフューザーを取り付けます。

ドリンクメイト シリーズ620

 それを炭酸水メーカー本体に取り付けます。

ドリンクメイト シリーズ620

 私が購入したシリーズ620では、炭酸の強さが4段階に調整できるようですが、最初なんで一番つよい強炭酸にするため、4段階の4段目に設定しています。

ドリンクメイト シリーズ620

 あとは奥のガス注入ボタンを思い切って押せば炭酸が水の中に注入されるようになっています。ボタンを押しっぱなしにしていても、先ほどの4段目に設定した規定の量の炭酸が注入されると、カチッと音がします。たったこれだけの作業で炭酸水の出来上がりです♪

 その後はボトルを本体から取り外し、ゆっくりと振って、炭酸を水に馴染ませます。この時は当然ですが、強く振っては駄目ですよ。
 最後にインフューザーのエアー抜きのスイッチを徐々にスライドさせて、ボトルの中の圧を抜き、インフューザーを取り外してグラスに炭酸水を注ぎます。

ドリンクメイト シリーズ620

 最初はビビッてすぐにボタンを離してしまうのですが、グッと強く押すとカチっと音がするので、そこで指を離します。

 強炭酸にしたい時には、この後にも数回短くボタンを押すと、炭酸が注入されます。

 たったこれだけで炭酸水ができるんですね~。

ドリンクメイト シリーズ620を使うメリット

 飲んでみても、市販の炭酸水にと比べて遜色ないと思います。

 何よりも嬉しいのは、買い物に行く度にペットボトルの炭酸水を買い、重い荷物を持って帰る煩わしさからの解放と、

 家にどんどん空のペットボトルが溜まってしまい、ゴミ捨ての煩わしさからの解放ですね。

ドリンクメイト シリーズ620のデメリット

 今のところ、これといったデメリットは思い当たりません。
 もしあるとしたら、購入の初期費用がかかることでしょうか。

まとめ

 

 私が購入したのは、ドリンクメイトのシリーズ620です。

 買うか買わないかを迷いながら買ったのですが、これは買って大正解でした。

 手軽に作れるし、家の中がペットボトルだらけになりません!

 あとは、効率的なガスシリンダーの購入と水以外に炭酸の注入を試してみたいですね。

 ワインや日本酒に炭酸を入れて飲みたいな~♪

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました