リビングシェルでお座敷スタイル

 今回で3回目になりますが、早くキャンプに行きたくて次のキャンプを妄想する今日この頃が続いています。

 装備のまず1つ目のパターンは、リビングシェル&インナールームSでも書いたように、リビングシェルを中心とし、寝室はインナールームS、リビングはIGT中心としてチェアーを配置するパターンです。
 2つ目のパターンは、リビングシェルを設営し、その中はインナールームSとお座敷スタイルの構成で設営するというパターンです。

 今回紹介する3つ目のパターンはというと、もちろんリビングシェルを設営するという事だけは変わりません。違うのはリビングの配置と広さです。
 このコンセプトでは、リビングを最大限広々と使い、かつ寝る事もできるという事です。具体的に言うと、今まで紹介した2つのパターンでは、寝室はインナールームSを使って寝室専用としていました。でも今回の3つ目のパターンでは、寝室専用のインナールームSは使用しません。その代わり、1つ目のパターンのリビングと2つ目のパターンのリビングを組み合わせて広いリビングを構成します。そうです。半分はIGTとチェアを配置するリビングにして、残りの半分はお座敷スタイルにして昼間はリビング夜は寝室として使用するというパターンです。

 今まであまりやった事のないスタイルですが、やったことがあるのは、キャンプでうどん教室in吉野山キャンプ場の時と

リビングシェルでお座敷スタイル

 別府の仲間と!in山鳥の森オートキャンプ場の時ぐらいですかね~。
 寝室は別にアメニティドームを設営したので少し違うような気もしますが、年越しキャンプin三日月の滝公園キャンプ場もリビングは似たような感じでした。
リビングシェルでお座敷スタイル 三日月の滝公園キャンプ場

 前回説明したように、リビングシェルのリビング部分にオガワのリビングシートを敷きます。その上にホットカーペットを敷き、更にカバーのカーペットを敷きます。その上にはもちろんコタツを置き、コタツ布団はもちろん便利なキャンプ道具シュラフを掛けます。これでお座敷部分は出来上がりですね。

 リビングシェルのお座敷を設営して残った部分には、一つ目のパターン同様IGTを中心として配置します。一つ目のパターンではユニセラTGをIGTに組み込むようにしたのですが、このパターンではちょっと変えてみたいと思います。ツーバーナーをIGTに組み込みます。
 ちょっと面倒くさいのですが、自作のステーを使えばUS-1800をIGTにセットできます。
リビングシェルでお座敷スタイル
 あとは両サイドにはチェアーを置き、どちらかのサイドにはモービルクールを置けばほぼ完成ですね。

 もとろんパイルドラーバーは2本。片方にはペトロマックスでもう一方にはコールマン639で照らします。
 まだ暖かい時期ならユニフレームのコット。寒い日ならレインボーストーブか、パープルストーブですかね。

 3回に渡ってリビングシェルの中のセッティングを紹介しましたが、どれも良いセッティングですよ。設営が簡単なのはインナールームSです。逆にリビングシートは、私には設営がちょっと面倒です。一番寛げはするのですが。

 一番お勧めは、1つ目のパターンの寝室がインナールームSでリビングがIGTですかね~。何て言ったって設営が一番簡単です。ただ、長期滞在には今回のお座敷スタイルとIGTが良いと思います。季節や滞在期間に合わせて変えるのもいいですね~。

リビングスタイル関連記事

 リビングシェル&インナールームS

 インナールームSとお座敷スタイル

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました