リビングシェルを撥水加工!

 前回の老父子キャンプinスノーピーク奥日田で綺麗に張れたと思っていたリビングシェルですが、夜中に雨が降ると雨漏りをしていました・・・。
リビングシェル天井
 10年以上使っているので仕方ないと言えば仕方ないのですが、思い入れのある大好きなテントなので、何とか復活させたいと思います!

 まずは、倉庫に眠っていたPOLON-Tを使って撥水加工をしました!

POLON-Tとは

 信越シリコーン製のPOLON-Tは、常温で速やかに乾燥して比較的柔軟な撥水性シリコーン被膜を形成する繊維用撥水剤です。
 使える用途は、毛、綿、綿、化繊などの各種織物およびパルプ製品の簡易撥水処理剤として広く使用されているようです。
 驚く事に繊維に使用できるだけではなく、コンクリートやモルタルなどの建材などにも使用できるとなっています。

信越化学 POLON-T 撥水剤 1kg / 繊維用 常温撥水剤 ポロンT 防水剤 テント用防水剤 化繊 コンクリート モルタル

POLON-Tで撥水加工

 前回は刷毛で塗ったので、物凄く時間がかかり、臭くて中毒になりそうでした。
 今回は素早く簡単に加工したいと思います。

準備したもの

 素早く安全に加工するために以下のものを使って加工しました。

POLON-T

 いつ購入したかは覚えていませんが、数年前?にまとめて購入していたPOLON-Tが実家の倉庫の奥に眠っていたので、それを使用しました。
POLON-T
 上の方なんかは錆びているのでちょっと心配でしたが、中身は大丈夫のようでした。

コンプレッサー

 実家の倉庫には、コンプレッサーがあるので、それを利用します。

スプレーガン

 せっかくコンプレッサーがあるので、エアーで吹き付けのできるスプレーガンをyahooショッピングで購入しました。

 金額は様々でしたが、安価である程度の耐久性がありそうなのでコレにしました。

服装

 服装は汚れてもいいように、古いジャージ等を着ました。
 また、臭いがきついので、マスクは二重。
 身体につかないように、帽子、ゴーグル、ゴム手袋で完全武装をして加工しました。

撥水加工の仕方

 加工の仕方は、
1.清掃:あらかじめ汚れを除去し、乾燥させます。
2.含浸:含浸、吹付け、刷毛塗りなどの方法によって、POLON-Tを繊維に対し重量で100~200%付着させます。
3.乾燥:風通しの良いところで1~3時間乾燥させる。
 となっています。

 今回は、先週のキャンプから帰宅後にリビングシェルを中性洗剤で洗い、実家の車庫で一週間乾燥させました。
 加工した日には、エアーでゴミや埃を除去して、スプレーガンを使って吹き付けました。
 その後は、しばらく乾燥させましたよ。

まとめ

 前回は刷毛を使って加工したのですが、今回はスプレーガンを使って加工しました。
 刷毛で塗るのとは違って、かなりスピーディーに加工する事ができました。かなりの時間短縮になったと思います。
 ただし、スプレーガンで加工するとPOLON-Tを物凄く消費します。刷毛の倍の量は使ったと思います。
 もっと圧力の低いハンディー噴霧器とかの方が良かったのかな~。

 乾燥後に少し水をかけてみましたが、きちんと弾いているようでした。
 次回のキャンプで効果の程を検証したいと思います!と言いたいところですが、やっぱりキャンプは晴れがいいですね!

 youtube動画を作ったので、興味のある方はご覧下さい。
POLON-T

 次は、シームレス加工です!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました