耐寒キャンプ?in山鳥の森オートキャンプ場Ⅵ 2006年11月24日~25日

今回のダイキん家のキャンプは、お気に入りの山鳥の森オートキャンプ場です。
前回のキャンプの帰りに張り切って24日~26日の予約をし、行く気満々だったのですが、前の週に予定されていた子ども会の廃品回収が延期。妻は子供会の地区の会長なので、日曜日は・・・おまけに日曜日の午前中にはダイキのサッカーの予定も・・・思い切って23日のチカのお遊戯会の後から行こうということで、23日~25日に変更。が、23日はかなりの雨のため24日からの一泊に再変更。管理人さんころころ変えたり、早く着いて御免なさい。
いつものように高速の通勤時間割引があるので8時過ぎに出発。筑紫野ICから高速へ。朝食は基山SAのロッテリア。何故かチカだけうどんを食べました。杷木IC~210号線~ファームロード?を経て岡本豆腐店へ。ここで豆腐一丁と揚げを3枚購入し、一路山鳥の森へ。
11時頃に山鳥の森に到着。ちょっと早すぎたかな?最近は大分手馴れてきて、1時間程でリビングシェル&インナーテント&フルフライや薪ストーブ、テーブル類も設置完了。



子供達は遊びまわっていましたが、まずは昼食。
早速ラーメンを作って食べました。
達は遊びまわっていましたが、まずは昼食。
最近のダイキん家のキャンプスタイルでは、到着後すぐにラーメンを作って食べます。それもモリ薬局でしか見たことが無い久留米ラーメンの棒ラーメン。これがなかなか美味いのですが、今回は都合によりマルタイの棒ラーメン。これもなかなか美味い。
キャンプに行くといつも以上に良く食べます。ラーメンを食べた後は岡本豆腐店の揚げを食べました。美味い揚げでビールも進みます。

結構腹が一杯になったのですが、豆腐を一丁買った事を思い出し、冷奴も食べました。これまた美味い。豆腐が大好きなチカだけではなく、カナも食べます。最後は豆腐はあまり食べないダイキも食べていました。

昼食が終わると、子供達はまた遊び始めます。
ダイキは誕生日に買ってあげたグローブとボールを持ってきていたので、一緒にキャッチボールをしました。サッカーは上手くなったけど、野球はイマイチだな。
遊んでいるうちに段々暗くなってきました。
気温も大分下がってきましたが、薪ストーブのパワーでシェルの中は30度はあります。

火を起こした後はまずは温泉へ。前回とは違い貸切状態。やっぱりここの温泉は気持ちいい!のんびり入れて最高!因みに前回は約50組のキャンパーがいましたが、今回はたったの3組。そのうち1組はバンガロー泊なので、テント組は2組だけ。11月末になると違いますね。
昨日の天気予報では、今晩の南小国の最低気温は3度~4度くらいになっていたので冷えるかな?
俺とダイキが温泉に入っている間に妻はシチューを作っていました。

ダイキと温泉を出た後は、妻たちが温泉へ。
妻たちが温泉から帰ってきたら、お待ちかねの夕食。子供達はいつものお決まりのパターンのシチュー&ライス。そして大人はセセリの塩焼きと手作りマーボー豆腐。勿論俺が作りました。薪ストーブをつけて料理を作っていると、暑くて暑くて・・・Tシャツ一枚で充分です。マーボー豆腐は昼の豆腐の余りも入れたのでちょっと味が薄くなりましたが、かえし(うどんそば用の手作りかえし)を入れて味を調えました。これまたビールがいけるのですが、昼に殆ど飲んでしまったので、日本酒をちびちび。


楽しい夕食も終わり寝る時間へ。でも、皆のぼせてなかなか寝ませんでした。

以外にも気温は8度くらいまでしか下がりませんでした。氷点下対策のニューアイテムのユニフレームの寝袋を着ていた子供達は皆脱ぎ出ていました。俺も暑くて夜中に目が覚めると、汗をかいていました。
朝は5時過ぎに起きて火を起こし、朝の温泉へ。露天は温度が低かったのですが、内湯はポカポカ。

朝食は昨日の残りのシチューとご飯。と、その頃から風が急に強くなってきました。最近いつもこのパターンだな。突風でシェルもかなり変形します。
という訳で早めの撤収。
本当はもっとのんびりしたかったのですが・・・一泊二日は本当にアッと言う間です。

今回は正月キャンプへ向けての慣らし的な要素もあったのですが、気温が下がらずにちょっと拍子抜けしました。子供達が使っていた新しい寝袋はかなり暖かいようです。
皆大好き山鳥の森。たくさんのキャンパーが訪れるハイシーズンより、のんびりゆっくりオフシーズンの方がダイキん家には合っています。
次回は正月明けの5日~7日にマックや父と来る予定です。俺とダイキは4日から先発隊で行く予定です。帰りにしっかり温泉横を予約しました。
帰りにすぐ近くの隠庵で蕎麦を食べました。前から気になっていた店ですが、美味かったです。それなりの値段はしますが、お勧めですね。

 アルバム 

投稿日:2017年9月5日 更新日:

執筆者:

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    新しい記事はありません

    • 1387総閲覧数:
    • 7今日の閲覧数:
    • 6昨日の閲覧数: