三代で英彦山登山 2012年5月5日

今回のダイキん家の登山は英彦山に登ります。由布岳やくじゅうの山々や他の山も考えたのですが、ダイキのリクエストで決定しました。

 当日は子供達を早く起こして出発し、9時過ぎに英彦山神宮近くの駐車場に到着しました。そこからは暫く歩いて英彦山神宮下宮へ向います。最初はカナとチカも、「バアバアと一緒に登る!」と言って張り切っていたのですが、肝心のバアバアは、英彦山の山頂まで登るどころか、英彦山神宮下宮に登る階段の途中で既に既にギブアップ状態でした。

 

 カナとチカは「バアバア頑張ってお山に登ろう!」と言うのですが、バアバアはこの時点で既に息は上がりまくるし汗はダラダラ流して、どう考えても無理そうでした。それでもカナとチカは登りたがっていたのですが、バアバアから「アイスとおやつでも買って、車の中で下りて来るのを待っとこう。」と言われると、あっさりと登山は諦めました。単純なんだかそれが目的だったんだか・・・。そんなこんなでバアバア、カナ、チカの3人は、車に戻って下山まで待つ事にしました。ただ、先ほど登った階段を下に下りるのも無理だったようで、3人でケーブルカーに下りて行きました。

 3人と別れると、ここからは男3人で登山の開始です。

 このすぐ浦から登るのですが、すぐに急な階段が始まります。

 最初は宝満山と似た感じですかね~。傾斜がかなりきつくて少し進んだだけで、標高はかなり上がります。少し進んだだけなのに、先ほどの大きな社殿がかなり下に見えるほどです。

 途中なだらかな場所もありますが、さすがに修験道の山だけあって、全体的にきつい登り坂が多いですね。

 上の方になると、木の種類も違ってきて、何か荒れた感じになってきます。最後のほうで、また急な階段が待っていましたよ。

 約2時間ほどで頂上へ到着し、父とダイキで記念撮影をしました。

 この後は上の写真の後ろに写っている上宮でお参りをし、少し下った休憩所へ行きました。父の記憶が正しければ、昔は売店があったんだとか。確かにそんな感じの造りの建物でしたね~。

 その売店跡が今は休憩小屋になっています。ここでお湯を沸かしてカップラーメンを食べました。

 カップラーメンを食べ終わり、暫く休憩してから下山。3人が待っているので、あまりのんびりとはできませんでした。

 

 下りは約1時間半でしたが、いつものように右膝が・・・。

 下宮からバアバアがダウンした坂は下らずに、私と父もケーブルカーを利用して下りました。

 今回は、父とダイキと一緒に親子孫の三代で英彦山に登りました。父の足腰も弱ってきているので、次はもっと楽な登山がいいのかな?

 

アルバム

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました