魚をさばく

 対馬での単身赴任生活も3年目に突入しました。

 陸続きなら土日の休みを利用して車でさっと帰省するのですが、離島の単身赴任では日程的にも金銭的にもなかなか厳しいものがあり、長期休暇以外ではなかなか帰省できません。
 当然車だけで帰る事はできず、料金的には高い飛行機、中くらいのジェットフォイル、安いフェーリーの三択になるのですが、乗り物に乗っている時間も、それぞれ約30分、約2時間、約4時間半となります。

 ある意味退屈な休日ですが、対馬では新鮮な魚がとても安く手に入ります。そして私自身は釣りを全くしないのですが、時には職場の仲間から釣りたての魚を頂くこともあります。 それなら自分で魚をさばいて三枚おろしにし、美味しい刺身を食べようと思ってこれを買っちゃいました!  

出刃包丁刺身包丁です!

出刃包丁&刺身包丁

 

 そして、桧のまな板です。

まな板

 

 6月に購入し、時々魚をさばいているのですが、これがなかなか楽しいんです♪

 ただ、元々魚をさばいていた訳ではないので、YouTubeで魚の種類毎のさばき方を調べながらさばいています。 8月に娘達が来た時もヤズとイカをさばいて持って帰りましたよ。父親としては、ちょっと得意げでしたね~。

魚をさばく 刺身

 対馬の家でさばいて、発泡スチロールのクーラーに入れて持って帰り、福岡に自宅に帰って食べても美味しかったそうです! 対馬での単身赴任生活ならではのお土産ですね~。

 今では、3年間の最後の年になってからではなく、最初からやっていれば良かったと後悔してます・・・。

 ところで包丁選びですが、相当迷いましたw ネットで色々と調べたのですが、どれも良く見えて訳が分からなくなっちゃいました。最後は私なりの原点に戻り、刀等の刃物で有名な岐阜県関市のメーカーをチョイス。貝印の関孫六というブランドにしました。 素材にしても鋼やステンレスがあり迷うところですが、私は手軽なステンレスではなく鋼の包丁にしました。 後から砥石も買うことになりますがw

 

  私が選んだ出刃包丁は関孫六金寿本鋼15cmです。

 刺身包丁は関孫六金寿本鋼21cmです。

 まな板もかなり迷ったんですが、関孫六桧まな板の36cmにしました。 が、まな板に関しては、もっと大きい方が良かった気がします。ちょっと後悔・・・。次の機会にはもっと大きなまな板を買いたいと思います。

 

 これでどんどん魚を捌いていきたいと思います。捌いた魚も紹介していきたいですね~。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました