四国紀行Ⅱ

(2004年4月30日~5月2日)

春休みにマックが四国に旅行。「教えてくれた宮武うどんはめちゃくちゃおいしかったよ!」と連絡が入る。俺が教えたのに・・・俺はまだ行った事ないのに・・・
やっぱり宮武うどんを食べたいということで、両親を誘い四国紀行パートⅡに出発。実家にダイキん家のセレナで両親を迎えに行き、いつものように夜に出発。夜中に与島PAに到着。さあ寝ようと思ったが、さすがにセレナに7人乗ったら寝れない。妻と一緒に寝たり起きたり。今回もまた睡眠不足。

前回失敗したので、今回は8時の開店と同時に宮武うどんに到着。すでに何人か並んでいました。が、営業時間が変わっていて8時30分開店。でも、店員の人が外を覗いて人が多かったので少し早めに店を開けてくれました。待ちに待った宮武うどんはやっぱり美味い!揚げ物も最高に美味い!
宮武うどんで腹いっぱいになると、ダイキん家お得意の瀬戸大橋記念館へ。何かイベントがあっていて人が多かったです。前回と同じように楽しく中を廻る子供達。ただ残念なことに前回喜んでしていた 自転車をこぐゲーム?が壊れていました。記念館の屋上で記念撮影。あれー千佳は前回も寝てなかったかな?

瀬戸大橋記念館を出た時にはもう昼食時。近くでまた讃岐うどんを食べました。いつものように全く計画性がないので、今日は何処に泊まろうかな?松山まで行けば何とかなるだろう。ということで松山へ向かいました。途中何軒か電話をしてみましたが、何処も満室状態。インターネットのトクーで調べて、三原近くのリゾートホテル寿恵広を予約できました。急いでしまなみ海道を越えて三原へ。
途中の来島海峡SAで休憩&記念撮影。

小早川隆景が築いた三原城の横を通ったのですが、JRの駅などに潰されて、殆んど残っていないようでした。
小さな旅館でしたが部屋は結構広かったです。夕食はタコづくしの料理でした。瀬戸内海のタコは有名らしいですね。みんな疲れていたので早く寝ました。
翌日は朝食を食べるとすぐに出発。

今日は帰るだけと思っていましたが、以前友人と3人で初日の出を見に来た野呂山へ行くことに。頂上から瀬戸内海の眺めは最高でしたよ。ただ、蜂が多いのが気になった。
その後、父は音戸の瀬戸に行こうか?といっていましたが、子供達も寝てしまったので、そのまま帰ることに。

今回もまたいつものように計画性のない気ままな旅でしたが、美味いものを食べ、綺麗な景色を見れたいい旅でした。

 アルバム 

投稿日:

執筆者:

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    新しい記事はありません

    • 433総閲覧数:
    • 0今日の閲覧数:
    • 5昨日の閲覧数: