日本三分の二景の旅

(2003年7月25日~29日)

今回のダイキん家の旅は、先ず天橋立に行き、段々と西下しながら最後は宮島へ行く旅。日本三景のうち二景を見るという贅沢な旅です。
朝から荷物を積み込み、昼過ぎに出発。目的地は前から行ってみたかった天橋立。子供が小さいので十分に休憩を取りながらの旅でした。九州自動車道から山陽自動車道を通り、山陽姫路東から播但連絡道路経由中国自動車道、吉川JCTから舞鶴若狭道。
高速のサービスエリアにコンビニがある事を初めて知りました。本当は天橋立のそばで一泊するつもりでしたが、周辺事情が分からないため、0時前に到着した綾部PAで一泊することにしました。
6時頃に出発し、天橋立駅の近くのヤマザキでパンを買って食べました。
その後先ずは智恩寺へ。三人寄れば文殊の知恵で有名な寺ですよ。

その後、天橋立を途中まで歩きました。橋が回転して船を通すのも見れました。井戸まであるんですね。海水浴場もありました。

次にロープウェイで上の公園まで上り、記念撮影。股の間から覗くと龍が昇っていく姿に見えるので、チカが一生懸命股の間から覗いてます。

天橋立を後にして178号線を一路今日の宿ペンションほうきへ。
途中で昼食に床瀬そばに行きました。つゆに柚子の風味が利いていて、九州では味わった事のない感じでした。中にはいろりがあり、魚を焼いたりして酒を飲む人の姿も・・・ビールが欲しくてたまりませんでしたが、まだ旅は始まったばかり、妻の運転では心もとない。
早く宿に着いて飲みたかったのですが、せっかくここまで来たので鳥取砂丘に行きました。ダイキと一緒に奥に見える丘に登りましたが、そこからの眺めは最高でした。

鳥取砂丘からは9号線を通り、今度こそペンションほうきへ。アットホームなペンションで、ダイキとカナはリビングでずっと遊んでいました。夕食もダイキの好きなステーキ等満足のいくものでした。昼から我慢していたビールの美味いこと。

ペンションほうきを後にして一路出雲大社へ。私は後ろに見える大しめ縄に小銭を投げて突き刺しましたが、子供たちにはまだ無理でした。お参りを済ませ、参道の横の2階にある店でわりこ蕎麦を食べました。個人的には本に載っているわりこ蕎麦の美味い店より美味しく感じました。

松江城に行く途中に昔行った事がある古墳公園に寄りましたが、かなり寂れていました。
松江城の天守閣からの眺めは綺麗で、湖に浮かんだ松の木?が3本ある島が印象的でした。

本日の宿はホテル山の井。今回の旅で一番高級な宿です。部屋食で刺身も最高。ビールが美味い。ちょっと値段は張りますが、お勧めの宿です。

朝食も美味かったホテル山の井が名残惜しかったのですが、次は宮島へ。途中、手引きが浦台場公園に寄り、9号線をひた走り、浜田から浜田自道へ安佐SAで昼食をし、宮島の渡船場へ。船で宮島に渡り、厳島神社と宮島水族館を見学。この日が一番暑かった。

厳島神社の海上の大鳥居は有名なのですが、対馬の和多津美神社は知っていますか?
本日の宿は宮浜グランドホテル。私の小さい頃のデーターベースと一致。父に電話で確認すると昔広島に旅行に来たときに泊まったホテルでした。

旅も最終日。本日は家に帰るだけの予定でしたが、錦帯橋に寄る事にしました。しかしあいにくの雨。写真だけ写して帰る事にしました。

昼頃には帰り着き、二日市のポルタータで昼食をしました。
あっという間に終わってしまった日本3分の2景の旅。今度は残る1つの松島に行きたい。
ずっと思っているのですが、未だに実現していません。

 アルバム 

投稿日:

執筆者:

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    新しい記事はありません

    • 433総閲覧数:
    • 0今日の閲覧数:
    • 5昨日の閲覧数: